公開日: 2020年7月17日 - 最終更新日:2020年7月17日

マスク Summer Edition

administrator
  • シェア
  • twitter

どうもみなさんこんにちは🌞
リファラル担当の瀧川です!^ ^

最近はもっぱらブロガーと化してきている
リファラルチームです。。。

ただ…
ボクたちは単なるブロガーではありません!!😭

ゴルディロックスを
もっと盛り上げなくてはならないのに、
こんな状況なだけに
良い案が浮かばないとです。
ヒロシです。。。笑(←懐い)

また、皆さんからもコロナ禍でもみんなが楽しめて盛り上がれそうな
企画がありましたら絶賛募集中です🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♀️

とにかく今は出来る事は全うする!!
なので今はブロガーばりに情報発信に徹します😓笑

はいっ!!!

今回は
Summer Edition🌴☀️🍧

響きがカッコいいですよね!!😎

毎年夏になるとこのサマーエディションを乱用しまくる瀧川です!!笑

というわけで、大した情報ではありませんが、

今回はサマーエディション・夏用のマスクについて!!😷

夏用のマスクと言えば今や多くのメーカーが
夏用マスクの制作販売を手がけておりますね!

皆さんもご存知ですか??😎

ヨネックス
ミズノ
ユニクロ
スロギー(下着メーカー)
グンゼ(下着メーカー)
無印食品
AOKI
洋服の青山



もっとあるかもしれませんが、ざっとこんな感じですかね!?!?

今まではマスクといえばサージカルマスクのタイプがほとんどでしたね😷

しかし、今やマスク不足や夏場の熱中症対策などで多くのメーカーがマスクを販売するようになったり、
中にはご自身でマスクを作る方も増えてきていますね!

そこでこの夏!!
熱中症にかからない為のマスク選びにおいて注目しておきたいのは、

なんと言っても!!

カッコよさ!✨

と、

デザイン性!!👨‍🎤

ではなく、、、❌❌❌

自分の身を感染から守るために重要なのは
やはり【 性能 】ですね❗️

簡単にマスクについて説明しますと、

現代で一般的に使用されていたマスクのほとんどがサージカルマスクというタイプになるかと思います!

サージカルマスクは不織布(不織布)と言って繊維を織り込まずにシート状にしたものだそうです!

その為、繊維と繊維の間がランダムに細かくきめ細かな構造となっているため、
カットできる粒子の補修効率が非常に高いとの事です!

そのかわり、夏など暑い日には蒸れやすく熱がこもってしまうのですね😡

一方ガーゼマスクのようなものは繊維を折った構造となっている為、
サージカルマスクと比較すると粒子の補修効率が下がってしまうとの事でした☝️

今の時期は夏用のマスクが多く販売されておりますが、気になるところは
ウイルスを含む小さな飛沫(ひまつ)(しぶき)を通さない効果がどれほどあるかですね🤔

ある実験によると、、、

大きさ0・3~1・0マイクロメートル、1~10マイクロメートルの粒子を実験装置の中で飛ばし、
マスクが粒子を捕らえる効率を調べたところ、いずれの大きさの粒子でも不織布マスクは90%以上を捕集できたが、
布マスクは30%以下だったそうです😳

そこで、ボク個人的に行なっている医療現場での夏マスク対策としては、

これです!!

ハッカ油!!

これを2~3滴、サージカルマスクにたらすことで、
かなり爽やかになり涼しく感じる事ができました🤭

興味のある方は是非お試しください👋

それでは今週も1週間皆さんお疲れ様でした🙇‍♂

The following two tabs change content below.

administrator