公開日: 2020年7月20日 - 最終更新日:2020年7月20日

敬語vsタメ語

administrator
  • シェア
  • twitter

どうもみなさんこんにちは🌞
リファラル担当の瀧川です!^ ^

この前、新高島平の交差点ですれ違いざまに
女子高生が急に大声で叫び出したので、
こちらとしてはその大声×3もの大声で
びっくりしたら
もはや人間を見るような目ではない引いた目で見られたという瀧川の最近の出来事でした。。。笑

まったく、はー???⬆️ですよね😑笑

失礼しちゃうわ😤笑

ということで、

本日は様々な世代が入り混じるこの現代社会について、
ふと思った事があったので記事にしたいと思います😲

つい先日、友人と会話していた時のことでした。

会話の中で友人が以前、交通事故後の怪我でリハビリの為クリニックへ通院していた時の話になりました。

その会話の流れから自分の職種のリハビリについての話になり、このような事を言われました。

「怪我したからリハビリに通ってたんだけど、そこの担当のPTさん、けっこうタメ語で話してくるんだよね。しかも明らかに俺より年下でさ。別に気にはしてなかったけど他のPTさんの治療見ててもほとんどのPTさんが患者さんに対してタメ語で話していることが多いから驚いちゃってさ。まあでもすごく一生懸命だったし良くしてくれたから良いんだけどね。」

「でもユー(ボク瀧川の事)がもしあんな感じで患者さん達を相手にしていたらなんかショックだな。実際どうなの??」

というような内容でした。

その友人の仕事は医療職ではなく一般のサービス業をしているのですが、
なかなかこちらとしては痛いところというか、当たり前だけれど鋭い意見だと感じたので、今回記事にあげてみました🤓

もちろん、そのような医療現場は特殊だと自分は思うとの事を伝えましたが、、、

よくよく考え直してみると、あったなー💧
と、若かれし頃の自分を振り返りました。🤔





ボクの入職一年目はまさに利用者さんに対してタメ語のオンパレードでした💧

むしろ利用者さんからは好かれているし誰からも注意されないし自分の対応は◎だと思っておりました😅

しかし二年目入り、自分を慕っていた同じ出身校の後輩が入職してきました!

そしたらなんと!!
衝撃的⚡️

一年目の自分を見ているようで💦

しまいには「ユーさんもこんな感じでしたよね??」

なんてこった…苦笑

ボクらはただの世間知らずのヤンキーでした。笑

もちろん相手を良くしたいと言う気持ちはあったのですが、少し思いやりが足らなかったな…。

はたから見るとなんて生意気で失礼な態度なんだ!!🤭と思い、
ものすごい恥ずかしさと焦りを感じた事を覚えています💧

それからはなんとかしなければならないという反省から、
一からコミュニケーションの取り方や対応といった接遇面に対し深く考えるようになりました😓





コミュニケーションにおける言葉遣いとは職種や環境などによってもちろん違うとは思います!

しかし極端なことを言うと、敬語だろうがタメ口だろうが、

対象とする相手の状況を理解して思いやりのある言葉を選べば誰も嫌な思いをすることはないと思います!
結局は相手を思いやることが大切なのではないでしょうか!?🤔

調べたところ、コミュニケーションとは、日本語で「通信」の事。

心を通わせ、相手を信じて対話をしていく🧏‍♂

これがコミュニケーションの本当の意味なのだろうと思いました🤔

中には対象の相手と接している時に「失礼」「上から目線」など思われてしまう事もあるかと思います😓

その場合、言葉遣いもそうですが、それ以外に自分自身の姿勢を正すことも必要なのでは??

と、友人との会話をきっかけに改めて考えさせられる良いきっかけとなりました🤨

最後に、みなさんに知っていただきたい言葉をご紹介します。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
(マザーテレサ)

そんなわけで今週も1週間頑張っていきましょー🦾

The following two tabs change content below.

administrator

最新記事 by administrator (全て見る)