経験が浅い看護師として信頼関係を得るために常に努力を

訪問看護ステーションゴルディロックス
看護師(訪問看護) 2018年入社

櫻田 夏美

月1回の訪問リハビリテーションを行っている方の状態確認や健康相談、身体整容の手伝いなど。週で介入している利用者様には入浴介助や清拭などの清潔ケア、正しい治療を行っていくために必要な内服管理。また、家族やヘルパーだけでは難しい褥瘡や創傷処置などを行います。

スタッフインタビュー

ゴルディロックスに決めた理由は?

看護師としての経験が2年目と浅く、訪問看護に対し知識の全くない私ですが、ゴルディロックスには様々な分野での経験と知識がある看護師、またリハビリスタッフがおり積極的に相談できる環境があり、実際に同行し指導して下さるという点に惹かれました。徐々に一人で任せられる業務が増えることで、周囲に相談が難しくなると言われますが、ゴルディロックスでは経験が積み重ねられてもスタッフに相談しやすいという点は変わりません。

 

仕事のやりがい、魅力は何ですか?

継続した訪問を行いケア、コミュニケーションを図ることで徐々に信頼関係が構築されているのを強く実感します。利用者様と密になることで任されるケアや相談が増えるなど求められることが増えることで、自信に繋がっていきます。

ゴルディロックスの社風や人間関係はどうですか?

職員の若さと柔軟性があり、利用者様の生活をより良いものにしたいと熱心な方が多いため、全体が新しいことに対して前向きに取り組むことが魅力的です。先輩にも相談しやすく、自分の考えや意見を伝える機会が多く設けられているため、考えや思いが上に通りやすいと思っています。

 

仕事で大切にしていることは何ですか?

「患者様」ではなく「利用者様」であり、「ケアをする」より「ケアをさせていただく」といった気持ちで仕事をしています。そのためマナーや身の振りは悪印象を与えないように気を使っています。また、報連相を徹底し真摯な態度で仕事をすることで信頼を裏切らないように心がけています。

ある1日のスケジュール

8:30訪問部門ミーティング

1日のスケジュールを確認します。 事務所の掃除も行ないます。

9:00看護部ミーティング

看護師同士情報共有をします。

10:00月1回 訪問 

月1回のリハビリの方の訪問看護を行ないます。1回 30分 バイタルチェック・服薬管理・体力テスト・リハビリのお手伝いを行ないます。

12:00昼食

ステーションに戻り昼食をとります。 スタッフと共にとるので、情報共有も行ないます。

13:15午後の訪問

午後は3〜4件お客様のお宅を訪問します。合間に記録をします。

17:00帰社

今日の記録物の整理・カルテを戻します。上司に報告後、明日の訪問先の確認・準備を行ないます。

17:35退社

See you tomorrow!