ご利用者様に寄り添ったリハビリテーション

訪問看護ステーションゴルディロックス
作業療法士(訪問看護) 2021年入社

小澤 菜穂子

ご利用者様のご自宅に訪問し、リハビリテーションを行なっています。身体機能だけでなく、日中の過ごし方や趣味活動、困り事等、ご利用者様の生活に合わせて介入をしていきます。できないこと、難しいことに目が行きがちですが、できることに目を向け、伸ばしていくこと、少しでもプラスに考えることを心がけています。

スタッフインタビュー

ゴルディロックスに決めた理由は?

訪問リハビリに興味があり、やってみたいと思ったときに、現状を理解し、後押しをしてくださったからです。
また、多くのリハビリスタッフが在籍しており、学べる環境であったことも、とても魅力的に感じました。

仕事のやりがい、魅力は何ですか?

ご利用者様の実際の生活環境に合わせてリハビリを行うことで、生活の質をあげられることです。小さなことでも、できるようになったと笑顔で話されたり、こんなことをやってみたいとをご提案いただけると、やりがいを感じます。

ゴルディロックスの社風や人間関係はどうですか?

とても風通しが良く、相談のしやすい環境だと思います。
業務内容や治療に関してもご相談できるので、安心して働くことができます。

仕事で大切にしていることは何ですか?

関係性の構築を大事にしています。その為にも、挨拶や常に笑顔でいること、優しい雰囲気づくり等を心がけ、話しかけやすい印象を与えられるようにしています。
また、ご利用者様のお話に耳を傾け、傾聴することを心がけています。

ある1日のスケジュール

7:00起床ー出勤(電車移動)

1日のスケジュールをイメージします。

8:15-30スタッフ間にて朝礼・利用者様の情報交換

1日のスケジュールを確認します。 事務所の掃除も行ないます。

8:45出発

自転車で1件目の訪問先へ向かいます。

訪問

1件あたり40分~60分のリハビリをおよそ3件程度実施。 ①バイタル測定(体温・血圧・脈拍・酸素飽和度) ②問診・身体評価 ③運動療法 ④効果判定 ⑤今後の方向性の相談

12:30昼食

ステーションに戻り昼食をとります。 スタッフと共にとるので、情報共有も行ないます。

13:45午後の訪問

午前同様、1件あたり40~60分のリハビリをおよそ3件程度実施

17:00帰社

今日の記録物の整理・カルテを戻します。関係各所へ電話・FAX連絡、上司に報告後、明日の訪問先の確認・準備を行ないます。

18:00退社

See you tomorrow!