公開日: 2020年11月13日 - 最終更新日:2020年11月13日

乾燥とインフルエンザ対策について

administrator
  • シェア
  • twitter

今週もお疲れ様です!
リファラル担当
芝事業所の鈴木です🎃

先週の金曜日は松岡修造の誕生日です🎾
ということで
僕も一つ年を重ねました🔥
何よりも健康
体調管理が大切だなーと思っています👨‍⚕️

11月になり冬っぽくなってきました。
何よりも乾燥が気になります。

気付いたら手洗いで手は乾燥するし、部屋の湿度も大きく下がっています🌡

今日は乾燥とインフルエンザ対策について書きたいと思います。

新型コロナウイルスが引き続き世界中に猛威を奮っていますが、冬になり日本ではインフルエンザの季節になりました🦠

インフルエンザは温度、湿度ともに低いと生存率がぐんと上がります。

https://panasonic.jp/kashitsu/special/humidity.htmlより

http://eiwakiko.co.jp/excellent02.htmlより

反対に、高温多湿ではインフルエンザウイルスの生存率はがくっと下がります。

ただし、多湿すぎても今度はカビやダニが生き残りやすくなります。喘息の人は要注意ですね。

湿度70%以上ではカビやダニの発生が多くなります。そもそも、ジメジメして不快感が強そうです。

https://www.balmuda.com/jp/rain/humidityより

湿度はおおよそ50%前後を保てると良いと言われています。
(相対湿度:%と絶対湿度:g/㎥がありますが、難しくなるので今回は割愛します。)

http://yumotokoumuten.jp/smarts/index/1000614/より

まとめると冬は温度20℃、湿度50%を目安にすることが良さそうです!
これでインフルエンザ対策、加えてカビとダニ、乾燥対策になります🌀

喉が乾燥してしまうと(鼻詰まりなどで口呼吸など)、のどの粘膜にある繊毛の動きが悪くなり、ウイルスを体外へ出す機能が落ちやすくなり、感染しやすくなります。

のどの乾燥対策としては、
・マスク
・洗濯物を室内へ干す
・湿ったタオルを吊るす
・やかんを沸騰させる
・加湿器を使用する

などがあります。
鼻詰まりには鼻うがいも良いようです。
ウイルス対策としては定期的な室内の換気もしましょう!

それでは対策をして体調を崩さずに年末まで頑張っていきましょー!

僕はのどぬ〜る濡れマスクを試してみたいと思います😷

では👋

The following two tabs change content below.

administrator

最新記事 by administrator (全て見る)